admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大なる作曲家・チャイコフスキーが亡くなった時、未完成の交響曲が残されていたそうです。
題名は『ジーズニ(人生)』
交響曲5番と6番の間に書きかけたまま、何故か放置状態となっていた幻の交響曲。

昨年、チャイコフスキーの残したスケッチを基に専門家たちがこの交響曲を完成させました。
そしてその初演の指揮者はなんと日本人!
西本智実さんという女性の指揮者です。
チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の芸術監督・首席指揮者でいらっしゃるということで、『ジーズニ』の初演には最もふさわしい人物なのでしょうね。
それにしても凄いことだと思いました。

日本でも『ジーズニ』の公演が5月終わりより始まるようです。
チケットぴあで確認したところ、良い席は既に売り切れでした!さすが。


チャイコフスキーは素晴らしい曲をいくつも残しましたが、その生涯は波乱に満ちていました。
オペラ歌手との悲恋、同性愛者であるという苦悩、不幸な結婚、作品への酷評・・・。
しかし、その苦難があったからこそ素晴らしい作品が生まれたのでしょうね。
チャイコフスキーの曲にはどうすることも出来ない心の叫びみたいなものが感じられますから。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 思うがままに、つらつらと・・・, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。