admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長するにつれ、時の流れが速く感じるようになります。
小学生の頃は、自分はこのままずっと小学生でい続けるんじゃないかと心配になるくらい時の流れが遅く感じていましたが、最近ではもう恐いくらい一週間が過ぎるのが早いです。

これってどうしてなんでしょうかねぇ~?
心臓の大きさとかが関係してるんでしょうかねぇ~?

ネズミと象では寿命の長さが相当違いますけど、脈の速さも違うので、時間の感覚も違うとかいいますよね。
そんな感じで、子供の頃は心臓も小さくて脈も速いから時間の感覚が長く感じるのかな?なんて思いました。

それで、自分なりの仮説を立てようと実験してみました。
幼稚園か小学生くらいの時に、時計の針が一周するのを目で追いかけながら、『これが1分だから、これを60回繰り返さないと1時間経たない。さらにこの60回を24回繰り返さないと1日が終わらないのか。』と気が遠くなる感覚があったのです。

じゃあ今、時計の針が1周するのを眺めたらどんな感覚になるだろう?
というわけで、1周するのを目で追いかけました。
そしたらこれが結構速いんですよ。
『もう1周しちゃったよ。』という感覚です。
『これが60回で1時間経っちゃうのか。』という感覚です。
やはり心臓の大きさは関係あるでしょう!たぶん・・・。

ん?これって常識的なことですか?
当たり前の事言ってたらごめんなさい(笑)
スポンサーサイト




年をとるにつれて、時が経つのを早く感じるのは、
年をとると、『今まで生きてきたすべての時間のうちの一年』の占める割合が
だんだん短くなってくるからだそうです。

わかりやすく言うと、
十歳にとっての一年は、十年のうちの一年
八十歳にとっての一年は、八十年のうちの一年
ですから、年をとるにつれて、一年が短く感じるそうです。
(とあるラジオで聴きました。)

でも、『心臓の大きさ説』は初めて聞きました。おもしろいね。
絵本のストーリーになりそうですね。v-22
【2006/04/08 23:57】 URL | こん #-[ 編集]
絹さんの言葉もこんさんの言葉も
ふんふんと感心しながら読みました。
確かに子供の頃に感じた、長い1日が
今ではあっという間の1年だったりします。
【2006/04/10 14:36】 URL | ニャンちゅう #-[ 編集]
なるほど~。
人生における割合が小さくなっているからですか。
確かにそれはそうかもしれません。

ということは、子供の頃に感じる一瞬はとても大切だってことですね。
ふ~ん、深いなぁ。
【2006/04/10 22:07】 URL | 絹 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 思うがままに、つらつらと・・・, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。