admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20061225010851
↑せんべいです。
姉がディズニーシーのお土産で買ってきてくれました。
海苔がミッキーの形になっててカワイイ!!
食べるのがもったいないですが、食べちゃいました。

ディズニーシーで売ってるせんべいなんて味は大したことないだろうと思っていたのですが、これがけっこう美味しい☆
お菓子の味にも手を抜かないオリエンタルランド、さすがですね。


ところで、最近大流行のノロウィルス。
とうとう親戚もノロウィルスに感染してしまいました。
近所のおじさんも感染したそうです。
いよいよ近くまで迫ってきた感じです。
恐いですね~。

新しいウィルスが生まれて、その菌に対抗する薬を人間が開発する。
そうするとその薬よりも強いウィルスが生まれる・・・
ウィルスの進化ってスゴイですよね。
人間を溢れさせないようにするために、地球を監視している宇宙人か神様かが折を見て新しいウィルスを地球に投下しているんじゃないかと思ってしまいます。

ウィルスと人間の闘いに終わりはないのでしょうね。
スポンサーサイト

衝撃的でした・・・。
びっくりしました・・・。

アシモが!!アシモがぁ~~~~~!!
グーグルビデオ

階段を上る前に、おもむろにこちらを向くアシモ(笑)
そしてその後の衝撃的瞬間!!
衝撃的瞬間のあとにスタッフがついたてで仕切るところがちょっと恐いです。
扱いがほんとうの人間みたいです。
これはすごい。
マーくんの首が取れた映像に匹敵・・いや、それ以上かもしれません。


最近あまりフィギュアスケートの話題に触れてないなぁ~と思ったので触れます。

安藤美姫選手がアスリートになりましたね、今シーズン。
かっこいい雰囲気で、はつらつとしています。
いいですねいいですね!

浅田真央ちゃんもプレッシャーと闘いながら頑張っていますよね~。
私が高校生の頃なんて、部活やって勉強して部活やって遊んで部活やってアイス食べて・・・ってな毎日でしたもん。
どんだけ偉いんだ!!と思います。

私は中野友加里選手が最近もの凄く好きです。
なんだか可愛らしい!!上品!!
ショートプログラムの『SAYURI』の音楽と濃い紫の衣装がもの凄い合っています!!
彼女は女優の蒼井優さんに似ていませんか?

それと太田由紀奈選手という表現力の素晴らしい選手が好きです。
何年か前に四大陸選手権で優勝したりしてましたが、故障が長引いていて最近はなかなか大きな大会に出ていなかったようです。
でもこれからの活躍がものすっごい楽しみです。

大変ですね、女子フィギュアは才能豊かな選手がたくさんいて!!

それにしてもグランプリシリーズが民放で放送されるようになってから嫌なことがあります。
それは、日本人の人気のある選手しか放送してくれないこと。
以前NHKが全面的にグランプリシリーズを放送していたときは、初戦から最終戦まで、ペア・アイスダンス・男子シングル・女子シングルと全部放送してくれました。
おまけに必ず再放送をやってくれました。
民放だと、ペア・アイスダンスなどはほぼ無視ですよね(泣)
悲しいです。

昨日に引き続きドーハ・アジア大会の話題。

池田選手(女子走り幅とび)、金メダル!!

おめでとうございます。
泣きそうです。

日刊スポーツ

池田選手はなんだかとても強くなりましたね。
大切な人たちへの想いが、彼女を強くしたのでしょうか。

それとは対照的に、池田選手の長年のライバルである花岡選手は近頃調子を落としているようですが、頑張っていただきたいなと思いました。
一人より二人で世界のレベルに近づいていって欲しい!!

きゃーーーーーー!!
めでたいめでたいめでたいですーーーーーーー!!

アジア大会で、
澤野選手(棒高跳び)金メダル

成迫選手(400mH)金メダル


なんておめでたいんでしょ!!おめでたい速報記事↓
asahi.com


まあ、棒高跳びの澤野選手は一人格が違いましたけどね(笑)
アジアではライバルはいないって感じでしたよね。
以前、世界選手権で韓国の選手と仲良さそうにお話していたので、その韓国人選手と一騎打ちになるのかなぁ~なんて勝手に想像していたのですが、全くの一人舞台でした。
『そろそろ本気を出そうか』
というところで既にほとんどの選手が脱落していましたもんね。
いやぁ~、素晴らしい。

それにしても運営側の手順が悪すぎますよねぇ。
澤野選手が大声で
『Excuse me!!』
と係りの方に訴えていたのが聞こえて、大変そうだなぁ~と思いました。


続いて成迫くん!!
素晴らしい走り!!最後まで落ちませんでした!!
見ていて気持ちが良かったです。
こちらも危なげない金メダルでしたねー!!
ゴール後の笑顔も良かったです。
日本の400mH陣、充実してますわ。
本当におめでたい。

為末さんは身長が低いので、大きな選手を抜かしていく爽快感があります。
成迫くんはわりと大きいので、他の選手に負けないぞ!っていう安心感がありますねぇ。


女子400mの丹野選手も銅メダル!!
おめでたいです。
男みたいな選手がいましたが、最後はその選手をぎりぎりで抜かしての気迫の銅メダルでしたね~!!
良かった良かった~!!

ふ~!他にも書きたいことが山ほどありますが、止まらなくなるのでこの辺でやめます。
それにしても陸上も充実の日本チームですね。

近所のスーパー屋上から

先日、電車に乗っていたときのこと。

ある駅でおじいさんが乗ってきて、私の前辺りにやってきました。
『あ、どうぞ。』
席に座っていた私はおじいさんに席を譲ろうと立ち上がったのですが、
『いいえ結構です。』
と言われ、逆に席に押し戻されました。

ちょっと拍子抜けしましたが、
『そうですか・・・』
ってな感じで着席しました。

しかしその後、なんとな~く席に座りたそうなオーラを放っているんですよ。
でも周囲の席が空いても座ろうとしません。
それでも何度も何度も周囲を見渡して、座りたそうな雰囲気をかもし出すんですよ。
周囲から見たら、まるで私がおじいさんに席を譲らない意地悪女みたいな感じじゃないですか(笑)
小心者で世間体を気にする私としてはもう、「おじいさんいい加減にしてぇ~!」って感じで。
座らないなら座らないで、どっしり構えていて欲しいものです。
態度をはっきりさせて欲しいものですよ。

ドーハ・アジア大会。

体操の時間になる前に必ず柔道をやっているので、いつも見てしまいます。
今回の柔道はアテネオリンピックの時のような活躍はありませんね。

それにしても、韓国の選手の攻め方がみんな同じで納得いきません。
日本の柔道は一本を狙う柔道。
韓国の柔道は相手の反則を狙ってポイントを稼ぐ柔道。
韓国チーム、せこくないですか!?

柔道は全く詳しくないのでよくわかりませんが、韓国選手と日本人選手が闘う時、必ず実況のアナウンサーの、
『あ~また奥襟を取られました!技がかけられません!』
という言葉を聞きます。

さっきなんて、女子48キロ級で日本の中村選手がず~っと韓国の選手に奥襟をつかまれ続けてましたよ。
奥襟を掴んでいればいいのか何なのか、韓国人選手は技自体全然出ていませんでしたが特に反則は出ませんでした・・・
で、奥襟を掴まれても攻め続けた中村選手が、結局最後の最後で技をかけそこなって(?)負けてしまいましたよ。

なんじゃこりゃ!!

納得は行かないんですけどね、アテネで活躍した選手たちってみんなこういうのを乗り越えてるんでしょうねえ・・・。

それにしても納得いかないですわ!!
柔道の本質と外れたところで国際試合が行われてる感じですね。
(柔道やっていたわけじゃないので本質は知りませんけれども。)

スポーツの国際化ってのはこういう危険性があるわけですねぇ。

ひぃぃ~~~!今日は寒いです~~~!

今週って飲酒運転防止強化月間とかでしたっけ?
今日、帰りに駅から帰る途中、パトカーを見ました。
こんな田舎に何故パトカー?と思ってちょっとぎょっとしました。

パトカーを見ると何故逃げたくなるのでしょうか。
何も悪いことはしていませんが、何故か逃げたくなる。
何故か・・・

警察の方々も、お休みの日にパトカーや警察官を見かけたら逃げたくなるのでしょうか。
『私は何も悪いことはしてません。決して怪しい者ではありません。』
とか心の中で呟きながら歩くのでしょうか。


そう言えば変なこと思い出しました。

私が小学生の時、『お父さんは警察官!』って友達が3人いたんですよ。
でね、その3人が3人とも、中学生になってから不良とかいじめっ子とかになってました・・・。
何故だろう。

刈屋アナウンサーはやっぱり面白いですね。

昨日のフィギュアスケートNHK杯、男子ショートプログラムでの一言。
織田選手の演技直前の微笑みを、
『・・・笑っています。』
と表現していましたね(笑)

演技前の緊張感溢れる場面でにこやかな表情をしていた織田選手を見て、誰もが心の中で
『なんか笑顔だけど、なんで笑顔なんだろう。余裕なのか何なのか?』
と気になっていたところでした。
そこで放たれた刈屋アナウンサーの一言。
見事に的を得すぎていて、笑わずにはいられませんでした。

も~うさすが刈屋アナウンサー!!
表現の幅が本当に広いです。
これからも注目し続けなければ。


↓下の写真は上高地の風景
上高地1  上高地2



先日、『うなぎの稚魚』なるものを食べました。

見た目は、しらすがちょっと長くなったような感じ。
真っ白で小さいです。

味は・・・あるようなないような?
味付けしてあったので『うなぎの稚魚』そのものの味はわかりませんでしたけど、成長したうなぎもいつも味付けしてありますからね。
味が染みこみやすいという点では稚魚も成魚も同じだと思いました。

触感は『うなぎ』そのものでしたよ。
とにかくしらす並みに小さかったんですが、それでもあのフカフカした触感はちゃんと備わっていました。

『うなぎ』10匹以上を一口で食べるなんて、滅多にないですよね(笑)
っていうか、もう一生ないかもしれない・・・と思ってこころして食べました。

ちなみに、スペイン料理だそうです。
スペイン料理店に行ったらきっと置いてあると思います。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 思うがままに、つらつらと・・・, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。