admin admin Title List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この間起こったちょっとしたお話です。

コンビニで仕事用の買い物をし、領収書をお願いしたんですけどね、
店員さんに、宛名のところはどうするかと言われました。
『上(様)でいいです。』
と答えたら、
『え?“うえ”ですか?』
と聞き直されたので、
『はい。』
と答えると、その人、ひらがなで“うえ”と書きました。
『・・!?』

ジョークじゃないよな~とか思いつつ一瞬ときが止まりましたが、とっさに、
『え!あの、普通に“上”って書いて下さい、漢字で。』と言ったら、何言ってんのこの人?という顔をされ・・さらに驚きました。

大学生くらいの女の子だったんで、そういうの知らない年なのかな~?とか思いましたけど、知らないなら知らないなりに謙虚な姿勢を見せて欲しかったなぁ~。

結局、その子は漢字で“上”と書き直してくれましたが、
『これでいいんですか?』
と不審そうな顔つきで言われるとこっちが悪いことしてるような気分になりますよ(苦笑)

若い子は強気ですねぇ~。
でも、大学生くらいのときってコワイものなしですよね。
スポンサーサイト

今日は全身にじんま疹が出る夢を見てしまいました。

朝起きて、夢だか現実だかわからなくてあたふたして、しばらくしたら自分の腕が普通のまっさらな肌だってことに気付いて、ホッと一安心でした(笑)

あ~怖かった!

最近あまりにも忙しくて平日は3~4時間くらいしか寝られないので、休日は夕方まで死んだように眠っています。

この間はなんと金曜の夜3時~土曜の夜9時まで寝ていたので、母親が
『死んでしまったんじゃないかしら!!』
と心配してたたき起こしに現れました。

3連休があっても、大抵1日目は睡眠で丸つぶれ。
2日目は親戚のお見舞いをしに病院を3軒はしごで丸つぶれ。
で、3日目は部屋の掃除をしたり必要最低限の買い物をしたりして終了。

そんなこんなで美容室にもだいぶ行ってなくて髪の毛が伸び放題だったので、今日ようやっと髪の毛の始末(?)をしに行ってきました。
美容師さんに、『3連休はどこかに行きました?』と聞かれ、
『いえ。ずっと寝たりしてました・・・。』と答えると
『ずっと寝てたんですか(笑)』と笑われてしまいました。

笑わないでください・・・と正直に受け答えしたことを内心後悔していたら、もう一人の美容師さんが
『あ、寝だめですね!僕もやりますよ!』
と同意してくださり、かなり救われました(笑)

が、それと同時に、この同意してくれた美容師さんも普段3~4時間くらいしか寝てないんだろうか???とか思い、美容師さんもそんなに寝る暇ないくらいのスケジュールなのか?この人は実は下っ端の見習いで、寝る暇も惜しんで一生懸命カットの練習したりしているのか?とか、彼の身の上を色々考え込んでしまいました。

でも、美容師という職業も大変ですよね。
3連休なんて年に一度だそうですから。
まー、サービス業の人は仕方のないことなんでしょうけど。


私は3月いっぱいまで嵐のような毎日を送ることが決定しました。
どうなるのーーーー!!
いや、全開で頑張ります。
スポーツ選手を見ていると、苦しい時期や大変な時期を乗り越えた選手は強くなっているので、私も彼らを見習ってもう少し大きな人間になります(笑)

20070204012726

このいちごの大きさ、わかりますか?
すっごく大きいんですよ~!
私は手が大きいので伝わりにくいかもしれないんですが、とにかく大きないちごなんです。

これは千葉の東金(とうがね)という所で獲れたものなんですよ。
と~っても甘くて美味しいです。
いちご好きの私にとってはたまらない一品。

いちごの季節はショートケーキも美味しいですからね♪
いちごの季節は幸せです。

時々とてつもなく壮大な夢を見ます。
ハリウッドのファンタジー映画みたいな。
これをそのまま小説にしたら、確実にハリー・ポッターは超えちゃうだろう!みたいな。

でも、目覚めてから覚えていることは、断片的な一場面と『とてつもなく壮大な夢を見たなぁ』っていうことだけです。
もし全部覚えていたら、是非書き残して小説にして、出版社に売り込んで一攫千金できてしまいそう・・・なんちゃって。
皆さん普段こういう夢って見るんでしょうか?

今覚えているある日の夢の一場面は、
・大きな劇場
・蓮の花の椅子に乗って、ゆらゆら揺れながらステージを見ている
・蓮の花の椅子は背が高くて20mくらい
・床は遥か下の方、暗くてよく見えない
・ステージでは何かの演目が行われている
・セットの王宮の中で、何かがうごめいている
・うごめいていた何かが我々観客に向かって飛んでくる
・蓮の花の椅子で揺れながらも、我々は飛んでくる何かから必死に逃れようとする
・劇場は、本当は劇場ではないようだ
・飛んでくる何かに捕まると、生け贄となってしまう
みたいな感じです。
ちょっと恐いですね。
この前後にもストーリーがあったと思うのですが、覚えていません。

その他にも
・南国の海の上
・巨大なジャングルジムのように張り巡らされた鉄の道
・その道は細く、複雑
・一歩でも踏み外せば海に沈む
・そこを人間たちが這って歩いている
・脱落する者も多いが、生きるために這う者もちゃんといる
・私はどうにか這って生きている
これもちょっと恐いというか、暗いですね。
私はよっぽど何かに追い詰められているんでしょうか。

はたまた
・無人の動物園(未来)
・そこに迷い込んだ我々のチーム
・のどかな庭園の中を歩いていたが、やがて後ろからサイが追ってくる
・サイから逃れるため、逃げ惑う我々チーム一同
・園内の建物に逃げ込む
・しかし、サイはチームをどこまでも追い続けてくる
・地下に逃げ込んだが、サイに追い込まれる
・危機一髪で地下から抜け出すチーム
・屋上へと向かい、全力疾走で駆け出す
・屋上にたどり着くが、行き止まり
・サイが迫ってくる
・どこからともなくハウルみたいな魔法使いが現れ、『屋上から飛び降りろ』と言われる
・死ぬ覚悟で飛び降りると、見事に体が浮かび上がり、空には花火が打ちあがる
今度はちょっと明るい感じもします。
でも基本的には常に何かに追い詰められてる感じですね。

私の深層心理はやばい状態にあるのかもしれませんが、これをまとめて冒険映画にしたら結構面白そうじゃないかな~と思っています。
どなたかこれを小説にしてくださいな。

先日、東京ビッグサイトで行われていた『国際宝飾展』なるものに行ってきました。
世界中から集められたまばゆいダイアモンドやら真珠やらがあちらこちらに展示されており、もうどうしていいかわかりません状態(笑)
ポケットに手を突っ込んだりカバンに手を突っ込んだりしたら疑われるんじゃないかとか変に気を遣いました。

その日はひっさびさに早く帰ることができたので、寄り道をしてコーヒーを飲んで一息つきたかったんです。
で、JR京葉線の海浜幕張駅で途中下車して、千葉ロッテのグッズショップに立ち寄った後、近くのビルに入っているスターバックスに入りました。

そこで、接客のプロと出会いました。

私がメニューを見てどのコーヒーにしようか迷っていたら、店員さんが話しかけてきたんです。
『どれにしようか迷ってらっしゃいます?』
もの凄く自然な感じで話しかけてきたんで、私も自然なノリで答えました。
『はい。ケーキを食べたいので、甘くないコーヒーの方がいいかなぁ~と思って・・・、何かオススメのコーヒーあります?』

以下、私と店員さんの会話の一部始終です。
店:『どのケーキになさるおつもりですか?』
私:『○○ケーキにしようと思うんです。』
店:『あ~結構濃厚なケーキですから、スッキリしたいのであればやっぱりアメリカンとかラテなんかが合うと思います。でも、甘あまが平気であればカフェモカなんかでも合いますよ。』
私:『そうですか・・・じゃあスッキリしたいのでアメリカンにします。』
店:『はい、アメリカンですね!・・・普段はどんなコーヒーを飲まれてるんですか?』
私:『いっつもカフェモカです。』
店:『ふふふ、甘いのがお好きでいらっしゃるんですね。』
私:『ふふふ、大好きなんです。』

ちょっとしたやりとりでしたが、店員さんとの会話も楽しいもんだな~と思いました。
特に一人で店に入ると人と喋る機会なんて注文するときしかないじゃないですか。
注文とは直接関係ない会話って、結構その店の居心地を左右するもんですね。
その後のコーヒータイムはとても心地良いものでした。

その店の店員さんはみんなお客さんとの会話を楽しんでいて、常にいろいろなやりとりが聞こえてきました。
しかもその会話からはわざとらしさが感じられないのです。
媚を売っている感じじゃない。
決してマニュアル通りの接客ではなく、心からお客さんに楽しんで欲しいと考えている、そしてお客さんが楽しむことに喜びを感じる、それが伝わってくるものでした。
こういうのが本来の接客なんだろうなと感じましたよ。
接客にも本当に向き・不向きってありますね。

またあの店に行きたいです。

20061225010851
↑せんべいです。
姉がディズニーシーのお土産で買ってきてくれました。
海苔がミッキーの形になっててカワイイ!!
食べるのがもったいないですが、食べちゃいました。

ディズニーシーで売ってるせんべいなんて味は大したことないだろうと思っていたのですが、これがけっこう美味しい☆
お菓子の味にも手を抜かないオリエンタルランド、さすがですね。


ところで、最近大流行のノロウィルス。
とうとう親戚もノロウィルスに感染してしまいました。
近所のおじさんも感染したそうです。
いよいよ近くまで迫ってきた感じです。
恐いですね~。

新しいウィルスが生まれて、その菌に対抗する薬を人間が開発する。
そうするとその薬よりも強いウィルスが生まれる・・・
ウィルスの進化ってスゴイですよね。
人間を溢れさせないようにするために、地球を監視している宇宙人か神様かが折を見て新しいウィルスを地球に投下しているんじゃないかと思ってしまいます。

ウィルスと人間の闘いに終わりはないのでしょうね。

ひぃぃ~~~!今日は寒いです~~~!

今週って飲酒運転防止強化月間とかでしたっけ?
今日、帰りに駅から帰る途中、パトカーを見ました。
こんな田舎に何故パトカー?と思ってちょっとぎょっとしました。

パトカーを見ると何故逃げたくなるのでしょうか。
何も悪いことはしていませんが、何故か逃げたくなる。
何故か・・・

警察の方々も、お休みの日にパトカーや警察官を見かけたら逃げたくなるのでしょうか。
『私は何も悪いことはしてません。決して怪しい者ではありません。』
とか心の中で呟きながら歩くのでしょうか。


そう言えば変なこと思い出しました。

私が小学生の時、『お父さんは警察官!』って友達が3人いたんですよ。
でね、その3人が3人とも、中学生になってから不良とかいじめっ子とかになってました・・・。
何故だろう。

先日、『うなぎの稚魚』なるものを食べました。

見た目は、しらすがちょっと長くなったような感じ。
真っ白で小さいです。

味は・・・あるようなないような?
味付けしてあったので『うなぎの稚魚』そのものの味はわかりませんでしたけど、成長したうなぎもいつも味付けしてありますからね。
味が染みこみやすいという点では稚魚も成魚も同じだと思いました。

触感は『うなぎ』そのものでしたよ。
とにかくしらす並みに小さかったんですが、それでもあのフカフカした触感はちゃんと備わっていました。

『うなぎ』10匹以上を一口で食べるなんて、滅多にないですよね(笑)
っていうか、もう一生ないかもしれない・・・と思ってこころして食べました。

ちなみに、スペイン料理だそうです。
スペイン料理店に行ったらきっと置いてあると思います。

今週、朝6時に家を出て夜12時半に帰宅する生活を続けていたら、さすがに少しばかり具合が悪くなりました(笑)
お腹が痛いのですよ。
キリキリと。
寝不足がたたりましたかね。

学生の頃もけっこうそんな感じの生活だったんですけど、眠いだけで体調は悪くならなかった・・・。
若さってやつはすごいなぁ~としみじみ思っていたのですが、よく考えてみたら学生時代って授業中に寝てられましたもんね。(ごめんなさい)
それに、気を抜いた状態でいることも今より全然多かったわけですから、そりゃ元気でいられるよなと思いました。

はぁ~それにしてもこのお腹の痛みに加えてさっきからちょっと寒気が走るのですが、風邪をひくのでしょうか?
いや、もうひいているのでしょう。
ウフフ、今日は風邪薬を飲んで寝ます。



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 思うがままに、つらつらと・・・, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。