admin admin Title List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一ヶ月くらい前の話ですが、6年ぶりくらいにコントラバスを弾きました。
趣味でホルンに没頭している友人が、彼女の所属するオーケストラに参加させてくれたのです。

いやぁ~参りましたね。
ぜ~んぜん弾けなくなってました(泣)
これはショックでしたよ。

ピアノはね、ま~長年やってたので数年のブランクがあっても多少は弾けます。
でも、コントラバスは高校の3年間しかやらなかったからか、全然ダメでした。
弦を押さえる位置がわからんのです。
指使いは覚えているのに、弦を押さえる位置がわかん!!
音程をはずしてばかり!!

調子にのっていきなり合奏に参加するなんてアホな行動をとった自分に反省・・・。
やっぱり基礎練習からしっかりやってかないとダメですね(笑)
そういや高校の時は毎朝みっちり基礎練習やってから曲に入っていたもんなぁ~。

悔しくなって、やっぱりマイ楽器が欲しくなりました。
自分の楽器さえあればいつでも練習できる!!
でもコントラバスって値段が高いし重いし移動が不便なんですよね。
この際チェロにしましょか!!

でも、ほぼ主役にはなれないけれども重要な役目を請け負うコントラバスを見捨てることなんてできません。
やっぱり最初に買うならコントラバス・・・かな。
お金貯めないと。

20061126222451.jpg






スポンサーサイト

先日、突然この歌が好きになりました↓

三日月 三日月
絢香 (2006/09/27)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

で、たまたまこの曲の発売初日に新星堂に行ったので、買ってみました。
すごく歌の上手い子ですね。
彼女は小さな頃から歌手になるために、音楽塾などに通ってたくさん努力をしてきたそうです。
偉いな。

私も小さい頃から音楽が大好きで、将来は音楽プロデューサーになってやろうと夢見ていましたが、常識と感性で突き進んでいただけでしたもんねぇ。
具体的に、『こうやって夢を実現させていこう!』みたいなプランを立てられなかったし、そんなこと考えもしなかったです。

輝いている子はやっぱり努力してますね。
私も今から頑張ろうと思います。
いろいろ。

米米クラブが最近テレビによく出演しています。
嬉しいですね、懐かしいですね。

あの華やかさと統一感のある衣装に石井氏のセンスを感じます。
かなり下らない曲を歌っていても、衣装が上品なので下品にならない。
しかも演奏が正真正銘の生なのが本当に素晴らしいです。
ベースとドラムがしっかりしてて、ツインギターで、ホーンセクションもあって。

シュークリームシュ(横で踊っている女性二人)が体型を維持していたのにも驚きました。
だってもうけっこういい年なハズ。
頑張ってますよ~。

ライブに是非とも行きたかったんですけど、日程が悪くて結局断念しました。
残念・・・。ツアー延長とかしれくれないかなと思ってます。
死ぬ前に一度は米米のライブを生で体感しないと!

米米クラブは様々なジャンルの曲をやっていました。
大きく分けると、王道ポップス系の曲と理解し難い曲。

理解し難い曲は当初、う○こ曲と呼ばれていたそうです。
やがてそのう○こ曲たちは、カールスモーキー石井氏によって
ソーリーミュージック
と名付けられました。

SORRY(ソーリー)=ごめんなさい
謝ってしまえば何をやっても構わない・・・
ということで、これ系の曲をやる時には
『どうも、すみません。』
『ごめんなさい。』
と謝っている様子がCDなどでも確認できます。

私はこのソーリー系楽曲がもの凄く好きです(笑)
あの華やかでゴージャスな米米のステージ、
そこでせこいギャグや小さなネタの詰まった曲をやる!
この精神こそエンターテイメント!!


ソーリーミュージックには名曲(迷曲?)が多いです。
強いて名作を挙げるとすれば、まずは東京3部作と言われる、
『東京Bay Side Club』
『東京イェイイェイ娘』
『東京ドンピカ』
の3曲。
その中でも特に『東京Bay Side Club』は好きですね。
小芝居を挟んだりしますが、ハイテンポでかっこいい☆
憧れのあの娘が海に落ち、それを助けたいけど理由があって助けられない・・・、そして最後はめちゃくちゃになる一曲です。

あとは、『愛の歯ブラシセット』
カールスモーキー石井氏とジェームス小野田氏のかけ合いが気持ち悪いけれども面白い一曲です。

さらに、『ホテルくちびる』
カールスモーキー石井氏の一人芝居に、笑わずにはいられない一曲であります。

最後に、『私、こしひかり』
これは題名からするともの凄くふざけているようですが、ところがどっこい!感動的で思わず涙を流してしまう一曲です。ジェームス小野田氏の名作バラード。

あ~、やはり素晴らしい集団です。



偉大なる作曲家・チャイコフスキーが亡くなった時、未完成の交響曲が残されていたそうです。
題名は『ジーズニ(人生)』
交響曲5番と6番の間に書きかけたまま、何故か放置状態となっていた幻の交響曲。

昨年、チャイコフスキーの残したスケッチを基に専門家たちがこの交響曲を完成させました。
そしてその初演の指揮者はなんと日本人!
西本智実さんという女性の指揮者です。
チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の芸術監督・首席指揮者でいらっしゃるということで、『ジーズニ』の初演には最もふさわしい人物なのでしょうね。
それにしても凄いことだと思いました。

日本でも『ジーズニ』の公演が5月終わりより始まるようです。
チケットぴあで確認したところ、良い席は既に売り切れでした!さすが。


チャイコフスキーは素晴らしい曲をいくつも残しましたが、その生涯は波乱に満ちていました。
オペラ歌手との悲恋、同性愛者であるという苦悩、不幸な結婚、作品への酷評・・・。
しかし、その苦難があったからこそ素晴らしい作品が生まれたのでしょうね。
チャイコフスキーの曲にはどうすることも出来ない心の叫びみたいなものが感じられますから。

米米クラブが再結成だそうです!!
今年の3月くらいに発表されていたみたいですけど、最近知りました。
もう感激で泣きそうです。
私が米米クラブにはまっていたのは小学生の時でしたから、当然ライブなんかには行けなくて・・・。
ライブビデオを何回も繰り返し観ては、『これこそ真のエンタテイメントだ!』と言葉の意味も分からず感心していたものです(笑)

いつかアルバイト出来る年齢になったら、自分でお金を貯めて絶対に米米クラブのライブに行こう!
そう夢見ていた矢先、解散するという事実を知って大きなショックを受けました。
『私は永遠に米米クラブのライブを生で観ることは出来ないのだろうか。』

年末か年始にやっている「さんま・玉緒のあんたの夢叶えたろかスペシャル」を観るたびに、『もし私がこの番組に出られたら絶対に米米クラブに再結成してもらって、ライブを生観戦してみたい!と言おう。』と思っていましたよ。

しかし、しか~し、ここに来て夢が叶うかもしれません!!
・・・って言ってもライブのチケットか取れるのかどうかわかりません。
入手困難な気がします(汗) が、とにかく嬉しいです☆

期間限定の再結成らしいのですが、それでも夢みたいな気分です。
あ~、素晴らしいなぁ~。

自己ベスト小田和正さんのベストアルバムに収録されている、
『言葉にできない』
この曲、大好きです。
なんでしょうねぇ、あの心に響く独特の声・・・。
高音が胸を突いてきて、たまりません。

これは明治安田生命のCMソングだったあの曲です。

♪ あなたに逢えて 本当に良かった
  嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない
   ラーラーラ ララーラ 言葉にできない・・・

ただ『ラララ』と歌うだけでこんなにも説得力があるなんて、もの凄い人です。
本物のミュージシャンって感じですね。

明治安田生命のHPからCMを観ることができます。
今久しぶりにあのCMを観たんですが、たった90秒で泣けてきました。
もちろん、あの写真無しにはこの感動は生まれませんが、音楽もこの曲でなければダメでした。
ナイスコラボレーション。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 思うがままに、つらつらと・・・, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。